【面接官は、あなたの受け答えに対して何を思うのか】

【時間との勝負?】

面接は最初の数分で決まってしまうと言われています。

面接は時間が限られています。上手く話す事も大事ですが、その限られた時間で相手側にどう自分を理解してもらえるかが重要です。

例えば、あなたの長所は?短所は?趣味は?特技は?選んだ理由は?等と聞かれたとします。中にはそのまま答えで選ぶ面接官もいるのかも知れませんが、面接官は、あなたの答え・表情・態度から、人物像・人柄・価値観を知ろうとしているのです。

今の気持ちを素直に相手に伝える事が大切な事ですが、ではどうすれば良いのでしょうか

【好印象に見える為には…】

・はっきり答える

面接官の質問に「はい」「いいえ」「特に無い」「ただ何となく」と言った単語だけの繰り返しでは、話しが終わってしまいます。話しを広げるように答える事も必要です。そんな答えでは、あなたのやる気が感じ取れません。

相手が何の意図で聞いてきているのかを汲み取る事が出来ないと、まずはダメです。

また、明るく・ハッキリと答える事で、あなたの印象は違ってきます。

・話す間が大事

面接官が話をしている時に話を途中で遮って、自分の話をしない事です。

面接官からの質問に対して、うなずき「はい」で受け、自分の発言に持っていく、そう言う間が大事です。

自分の言葉で、相手の反応を見ながら、ゆっくり・長すぎず、短すぎずの回答がベストです。

・自己主張をし過ぎない

自分が話す事が上手い・得意と思っている人ほど、自信過剰な受け答えをしがちであります。

働く気をアピールする事は大事な事です、でもアピールし過ぎるのも良くありません。

たまには、自分から質問をしてみるのも、前向きと捕らえられ良いかもしれません。でも、自分の都合・希望ばかり言うのは良くありません。

何を答えるでは無くどの様に伝わるのが良いかが大事です。

・きちんと敬語・丁寧語を話す

タメ口はダメ!面接官に失礼な感じを与えない事が大事です。

(例)

語尾に「です」「ます」を付ける

自分の事は「わたし」

最後に「ありがとうございました」を忘れない様に

上記を踏まえ、練習することも大事では有りますが、言葉を全て暗記する事は必要有りません。暗記しても当日に全て忘れてしまって、頭が“真っ白”なんてことに…結果残念…😢

当日はあまり固くならず、素の部分が自然と面接官に伝わる様な受け答えが出来ると良いですね。それで相手に良い印象を持ってもらえることが、一番ではないのでしょうか。

そして希望のバイト先がみつかると良いですね!


面接の対策ができたら、応募ボタンを押してみよう!

株式会社ラン

〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町5-6
WEST NAGOYA56 2F
TEL:0120-677-704

http://baitan.nagoya/

お仕事情報は コチラ から
(バイたんドット名古屋)