toggle
2022-09-21

イベントスタッフになるには?


イベントスタッフとは、コンサート・ライブ、スポーツの試合、キャラクターショーや販売会などの会場スタッフとして働く人のことです。

具体的なお仕事の内容としては、チケット販売やチケットのもぎり、ポップアップショップ等の入場整理、グッズ販売のレジや在庫管理、会場設営や誘導などがあります。

大学生や短期アルバイトをする人にとっては定番アルバイトですが、アルバイトとはいえ、イベント会場という特別な場でのお仕事ですから、来場者の楽しい気分を損なわないようなしっかりとした接客をしなければなりませんし、販売ならイベントでは多くの数をさばきますから間違いがないように十分注意して丁寧に行わないといけません。会場設営や誘導も、来場者が安心してイベントを楽しめるよう、事故やトラブルに巻き込まれないように安全を確保するように気を配らなければなりません。

一つ一つが、イベントを滞りなく進め、成功させるための大切な仕事ということですね。

 

イベントスタッフになりたい場合、そのための特別な資格はありません。学歴を問われることもないようです。

アルバイトであれば、求人サイトで仕事を見つけるか、登録している派遣会社で仕事を紹介してもらう形になります。

正社員の場合は、イベント会社などに就職するなどして、イベントスタッフの仕事をしていく形があると考えられます。

企画・運営や、映像・音響・照明など、関わる分野によっては専門のスキルが求められることもありますので、短大や専門学校で必要な知識・技術を身に付けてから就職するのもひとつの方法です。

また、イベントスタッフとして働いた経験がある方が優遇されることもあるようですので、正社員のイベントスタッフとして働きたい場合は、アルバイトとして経験しておくと良いですね。

関連記事